· 

フローリング リペア痕の補修

床の表面が剥がれていると思ったら
以前に補修した箇所が剥がれている状態でした

この場合は以前の補修剤を剥がしてから
新たにパテ埋めの作業をする為
作業工程が一つ増えてしまう訳ですね

しかも結構な大きさです(>_<)

何を充填しているか分からない為
手探りで剥がしていきます

熱を入れて溶けるのか・・・
それとも普通に研磨してしまう方が良いのか・・

今回は研磨してから再度、パテ埋めをして
リペアをする方法を取りました。

塗装をして木目を再現して完了しました

塗装する際も、クルマのシートの様に
『一色だけ調色すれば後は塗るだけ』
と言う訳にはいかず、当然、床板一枚一枚
色味が異なります。

なので一枚一枚、色を作り直して塗装をしなければなりません

個々がウッドリペアの難しいところかも知れません

写真の様に、それぞれの色に塗り分け
木目もそれぞれの板に合わせて再生していきます

この塗装に結構な時間を要するケースが多いのですが
この工程をしっかりやらないと
周りと違和感が生じてしまうのです

Pinterestこちら

メールでのお問合せはこちらからも可能です

メモ: * は入力必須項目です

ビジネスパートナーのご紹介

【東京都杉並区】
カーフィルム施工専門店 +ECO
35年の経験を持つカーフィルム職人により愛車をより美しく快適空間に仕上げていただけます。

◆杉並区を中心に外装コーティング出張施工対応