2018年

11月

09日

フォルクスワーゲンゴルフ カブリオレ 幌クリーニング

今回は遠方からわざわざお越しいただきました。

数回、お問合せをいただいておりましたが
タイミングが合わず延び延びになっておりました。

大変、失礼致しました(>_<)

さて、今回は幌のクリーニングと撥水加工ですが
幌の状態はと言うと・・・

破れやスレは無いのですが、
汚れが酷くこれはクリーニングは10回コースと
覚悟を決めて施工をスタートしました。

専用クリーナーを掛けて10分以上放置し
奥までクリーナーを浸透させてから水で洗い流し
リンサーで吸い取ってみると・・・
当然ですがドロドロで真っ黒の水でした。※写真参照

この作業を繰り返す事11回でようやく
吸い上げる水が濁らない状態までクリーニング出来ました。

外装のコーティングもインテリアのリペアも
住宅のフローリングも全て同じですが
下地処理が非常に重要です。
汚れた状態で撥水加工を施しても
効果は殆ど無いでしょう。

なので・・・撥水加工をする手前の下地処理として
クリーニングは非常に重要なのです。

 

今回は見た目も汚れが付着している状態が分かる程で
オーナー様も何とかしなければ・・・
と、考えてお問合せをいただいたのですが
実はシートの汚れ同様、目に見えない汚れが
相当付着しています。

幌のクリーニングは
洗車と同じ頻度が2回に1回は
クリーニングをした方が良いと思います。

そして紫外線から守ってくれる保護剤や撥水剤を
塗布しておく事で劣化を遅らせる効果も期待出来ます。

オープンカー、維持するのは大変だと思いますが
個人的に1台欲しいです。

続きを読む

2018年

11月

07日

BMW218i 運転席リペア

写真では分かり難いのですが

運転席座面のサイドサポート部に青いインクが付いてしまったとの事で
普通にクリーニングで落ちると思いきや・・・

やはりインクというのは恐ろしい物で
薄くはなるものの完全には落ち無い為、
施工途中でクリーニングからリペアに変更です。

出来る限り落としてから
塗装を施しました。

ほんの少しのインクの付着でも
メーカーが認定する中古車として
扱う事が出来ないとのこと・・・

厳しい基準をクリアしてこそ
認定中古車の称号を得られるのですね。

リペアは捨てない・壊さない・取り替えない
これが原則です!

続きを読む

2018年

11月

05日

フローリング 剥がれリペア

床の一部がワックスが剥がれて汚れが付着して
変色している様になっており
しかも、ベロっと剥がれている状況でした。

この剥がれた状態をリペアします。

リペアする床板の周辺も角が剥がれ始めている状態でした。
古いワックスと付着した汚れを除去してから
剥がれ始めている角部分は丁寧に接着をしていきます。

そしてベロっと剥がれた部位はパテ埋めをして
高さを調整した後、着色をして仕上げます。

今回は下色に赤系、その後、黄色系を重ね塗りした後
周辺の床材と同調する様に薄い黄色で
木目を再現しながら仕上げています。

この色の床材は一枚一枚、微妙に色が異なるので
違和感なく再現する事に気を遣いますが
無事、施工完了です。

続きを読む

2018年

11月

04日

フローリング シミ補修

フローリングに出来るシミは様々な原因が考えられます。

殆どの場合、水分による物だと考えられます。

厄介なのは見た目ですぐにわかってしまう事です。

賃貸のアパートやマンションで家具をどかして
ビックリするケースがあるかも知れませんね。

今回は退去後のリペアでしたが
入居中に直してしまう手段もあります。

部分リペアは面積が広く無い限り
1日で施工は完了する事が殆どです。

入居中にこう言ったダメージを発見した場合は
補修屋さん、リペア屋さんにお願いするのも
1つの選択肢ですね。

続きを読む

2018年

10月

30日

フローリングの剥がれリペア

一度、フローリングの表面が剥がれ始めると
どんどん広がります。

ペリペリ剥がれてささくれ状態になり非常です。

なので足に刺さらない様に、剥がれが広がらない様に
ガムテープ等を貼って応急処置をする、
これは普通の対処方法でしょう。

この応急処置は応急ではなく
そのままになるケースが殆どです。

次にこのテープ類を剥がす時は
必ずテープと一緒に
フローリング表面も剥がれてきます。

従って、リペアの際は
面積が広くなってしまいます。

なので表面が剥がれが時は
以前にも書きましたが
早目のリペアをお勧めします。

続きを読む

2018年

10月

29日

フローリング 引きずり傷リペア

家具や家電製品を搬入する際に
しっかり養生しても
床にへこみ傷が入る場合が有ります。

重量のある家電製品や家具を移動する際
床にへこみ傷が入るケースが多いです。

今回は冷蔵庫の移動時に入ってしまった様です。

今回は生活傷ではなく、移動の際に入った傷のみ
リペア致しましたが
また移動する際に傷が入る事は十分に考えられます。

賃貸物件の場合、どこまで回復させるのか
難しいところでは有りますが
こう言った引きずった傷は
かなり長い傷として残ります。

写真は一部した有りませんが
80cm程の長い傷が有りました。

引越や部屋の模様替えの際は
注意が必要ですね。

続きを読む

2018年

10月

26日

S2000 親水性ガラスコーティング

水がコロコロな流れるタイプではなく
ジワーっと流れるタイプのコーティング施工です。

洗車の段階で細かい汚れを除去していきます。
このお車のオーナー様はかなり走り込んでおり
タイヤカスがかなり付着していました。

鉄粉も同時に除去しておきます。

そして小傷除去や艶を上げる作業が
いわゆる磨く作業です。

殆どの場合、ポリッシャーとコンパウンドを使用して
ボディ全体を磨きます。

フロントフェンダーの写真を見ていただく分かると思いますが
洗車と磨いた結果、ここまでキレイになります。

コーティング剤を塗るだけでは
キレイになりません。

しっかり洗車をして肌を整えて
艶を上げて下地をキレイにして
その状態を維持出来る様にするのが
コーティングと、考えていただけると良いと思います。

続きを読む

2018年

10月

25日

フローリング 傷リペア

家具を引きずった様な線傷が多数・・・

まずはいつもの様に表面をキレイにして
ホコリや油分を除去してから
リペアに入ります。

この様な傷でも着色のみでは
直りません。

やはりへこんだ分は補修剤を使ってもとにもどす必要が有ります。

細かい傷が多いので一つ一つ埋めていく作業が続きます。

最終的に着色をして目立たない様に仕上げて
保護剤を塗布して完了です。

続きを読む

2018年

10月

24日

掃出し窓 フローリングのひび割れと日焼けリペア

原状回復作業として
結構な頻度で発生しているダメージ

その一つが窓際のひび割れと
日焼けによる色褪せです。

リペアするにも時間を要しますが
ここまでのダメージもそれなりに
時間を要すると思います。

写真を見ると分かりますが
窓の結露が酷かったので
これも原因の一つだと思います。

結露しやすい部屋の場合
床のひび割れと色褪せには
特に注意が必要ですね。

続きを読む

2018年

10月

23日

S2000 ヘッドライトコーティング

ヘッドライトの黄ばみ、と言うより
白濁したクリアコート層を除去して
再コーティング、と言う
至って単純な施工です。

しかしながら
このクリア層を除去する際の
下地処理がキレイに仕上がるかどうかの
キーなのです。

企業の内部統制で言う
業務プロセス上のキーコントロール

とも言うべき内容です。

動画で黄ばみ除去の方法が
アップされていますが
下地処理の磨き方を詳しく説明している
動画を見た事が有りません。

何故なら、そこはプロの世界で言う
『肝』だからですね。

キレイにしあげるのであれば
磨き方を間違えない事だと
思います。

リスクコントロール・・・

キーコントロール・・・

昔、ある企業の内部監査をやっていた時に
内部統制を勉強しました。

どんな作業や仕事にも
リスクは必ず存在し
そしてそれを回避する行動が必要です。

続きを読む

2018年

10月

22日

フローリング えくぼ傷多数 リペア

1年前にリフォームをしてまだまだ全然キレイな状態の床、

それが何かの工事をした際に養生不足だったのか
この様なへこみ傷が20ヶ所以上付いてしまったとの事で
ご依頼を頂きました。

今回もご在宅での施工で
養生と臭いに細心の注意を払って
(と、いっても臭いはどうにもなりません)
施工させていただきました。

Before/Afterの写真を全ては取り切れず
気付いたらこの2枚しかまともに撮れていませんでした。

こう言ったへこみ傷は当然ですが一つずつ直す為
地道な作業が続き、且つ時間もかかります。

何とか無事に施工完了致しました。

ご在宅での施工は
本当に緊張するものです。

続きを読む

2018年

10月

20日

ヴェルファイア ポリマーコーティング

運転席のドアに傷を入れられてしまい鈑金で修理をしたので
ついでにコーティングの依頼を頂きました。

が、鈑金後はすぐにコーティングは出来ないので
1ヶ月経過をまってようやく施工出来ました。

どうしても鈑金するとゆず肌になってしまいますが
磨けば艶は当然上がります。

屋外駐車場問こともあり
鉄粉の付着が凄かったので、洗車と同時に除去作業も行い
ボディ全体を磨いて艶を上げてからポリマーコーティングです。

写真だと肌のすべすべ感が伝わらず
非常残念ですが、

かなりすべすべに仕上がってます!!

続きを読む

2018年

10月

19日

ソファー 破れリペア

ソファー下部にカッター等でスーっと切ってしまった様な傷でした。

この場合、ソファーと中のウレタンが密着しない様に
裏打ちと言う手法を取らなければなりません。

が、縫合するリペアでは無いので
補修剤を充填する際にどうしても
熱を加えなければならず
しかも場所が場所だけに作業もしにくい状態。

そしてご在宅での施工という事で
広範囲の養生にエアコンプレッサーの音と、
塗装する際の飛沫を最低限に抑えながらの施工で
非常に緊張しました。

続きを読む

2018年

10月

17日

メルセデスベンツ CLK350 ヘッドライトコーティング

右側だけ黄ばみが酷い状態のMercedes、

左側を合わせてキレイに磨きましたが・・・

車検が通らないとマズイので・・・

と、言う切羽詰まった状態でした。

正直、どの程度まで黄ばむと
車検に通らなくなるのか分かりませんが
キレイな状態に越したことは有りませんね。こ

これで顔がキリっとしました!!

続きを読む

2018年

10月

16日

エスティマ 外装メンテンナンス

1年程前にガラスコーティングを施したお車の
外装メンテンナンス入庫です。

キレイな状態を維持していたので
キッチリ磨く必要はなさそうでした・・・

が、鉄粉は付着していたいので
除去作業と艶出しの磨き作業を行いました。

最後にポリマー加工をしてガラスコーティング膜を保護して完了です。

その他、フロント、リア、サイド2面の窓ガラスの油膜除去と
撥水加工もご依頼いただいたので
同時施工させていただきました。

あるお客様が言っていた事を思い出しました。

『ディが汚れていても運転に支障はないけど
窓ガラスが汚れていたり、視界が確保できないと
安全に運転が出来ないですよね。
だから、ボディよりも窓ガラスをキレイに
すべきなんです!!』

なるほど!!

今回はボディも窓もキレイになりました!!

続きを読む

2018年

10月

15日

フローリング 日焼けによる白濁

今日は窓際の日焼け補修でした。

濃いウォールナットの床板は
木目が細かく再現が非常に難しい1種です。

部分的な日焼けなのでそこだけ補修すればよいのですが、
新築ではないので、ピカピカの状態に戻すと
そこだけ違和感が出てしまいます。

多少の『ヤレ』た感じを残すのも必要で
その加減が難しいです。

写真を取る際にホワイトバランスを間違えてしまい
色合いが変わって写ってしまいました。

写真も難しいモノです(+_+)

続きを読む

2018年

10月

13日

掃出し窓際のひび割れ・黒シミリペア

黒シミの面積が広かったので腐食している場合は
リペア不可ですが、確認してみたところ腐食は進んでいない状態で
表面のみのひび割れと黒シミでした。

とは言え・・・

結構な面積でひび割れが発生していたので
パテ埋めと表面の成形に時間を要しました。

どうも、この部屋は結露が凄い様なので
また同じ様にひび割れと黒シミが発生する可能性は有ります。

が、この状態では次の入居者さんは決まらないですよね。

場所が都内の結構良い場所でしたので
これで次の入居者さんが決まると思います!!

続きを読む

2018年

10月

12日

フローリング 剥がれ補修

非常に大きな面積でのフローリングの剥がれをリペアして参りました。

しかもご在宅での補修となりますと
養生もかなり必要な状態になります。

これだけ表面が剥がれていると
張替えをした方が早いと思う方もいらっしゃいますが。。。

量販店などで売っているフローリングをご覧いただいた事がれば
お分かりになりますが、
剥がれている場所だけ張り換える事は殆ど出来ません。

その前後左右の部位も交換が必要になるケースが殆どです。

そうなりますと当然家具なども全部移動しなければならず
非常に大掛かりな工事となってしまいます。

こう言った場合はやはり最低限の養生と
最低限の補修箇所で直すのが
最善の方法だと思います。

なので、こう言った場合は是非

『リペア』

と、言う選択肢を加えてみてください。

続きを読む

2018年

10月

10日

bB ポリマーコーティングメンテナンス

6ヶ月メンテンナンスで入庫してお車です。
(半年以上は経過しておりますが・・・)

水垢が付いてしまった様で
通常の洗車では落ちない状態になってしまったとの事です。

 

コーティングをすると水垢は付かないと
思う方もいらっしゃいますが
水垢は付きます。
特に白は目立つのでこの様に
なってしまう事が有ります。

コーティングはボディ全体に
犠牲膜を作って塗装の劣化を遅らせる効果が最大の目的です。

塗装劣化を遅らせる効果と
表面の撥水や水垢の付着制御は
別物で考えていただく事が
ボディをキレイに維持するコツだと思います!

続きを読む

2018年

10月

09日

メルセデスベンツ W211 ヘッドライト コーティング

この形のメルセデスはそろそろ黄ばみが発生しても
おかしくないですね。

保管場所にもよりますが
やはり紫外線には弱いですね。

いつもの様に磨いて
コーティングです。

やはりキレイになると
気持ち良いモノです!!

続きを読む

2018年

10月

08日

フローリング 黒シミと剥がれリペア

リビングの入口に黒いシミと表面の剥がれが発生していました。

何故、この様な場所に黒いシミが出来るのか非常に不思議です。

水回りや冷蔵庫設置場所であれば理解出来るのですが・・・

疑問を感じて眺めていても
勝手には直ってくれないので
手を動かします。

表面の剥がれは微妙に段差が出来ています。

この段差、元の高さに戻す作業が必要です。

その際にパテを使うのか、補修剤を使うのか
はたまた全く違い手法でいくのか・・・

結構迷いますが今回はパテと補修剤
両方使って段差を埋めました。

全く違う手法?

それは内緒です。

 

続きを読む

2018年

10月

05日

BMW116i 助手席ドア内張 破れリペア

恐らくですが・・・

シートベルトのバックル部分が挟まって出来た傷かと思います。

憶測ですが・・・

あまり傷が入る場所では有りませんが
シートベルトであれば考えられます。

破れている部位はもう縫い合わせたり
継ぎはぎも出来ないので
思い切って切ってしまいます。

傷口に補修剤を入れてから
なだらかに面を整えて着色して完了です。

このベージュと言うか白と言うか、
昨日のソファーも同じですが
黄色を強めにするか赤を強めにするか
これまたせめぎあいです。

このベージュは黄色系のベージュでした。

続きを読む

2018年

10月

04日

ソファー ひっかき傷リペア

ちょうど角に何かをひっかけて出来た傷の様です。

小さい傷ですが気になりますね。

革用の補修剤を使って傷を埋めてから
顔料の塗料を調色して完了です。

何年経ってもこの調色作業は苦労します。
微妙な色合いで最終調整する際の
赤を入れるのか黄色を入れるのか
黒を入れるのか・・・

せめぎあいです。

無事、終わってよかったです。

続きを読む

2018年

10月

03日

フローリング 打痕リペア

何かを落としたのか、何かの作業をした際に
付けてしまったのか不思議な傷です。

パテを使用して凹みを無くしてか
着色して完了ですが。。。

文字で書くと簡単ですが
中々地味で大変な作業でした。

何とか完了しました。

( ´Д`)=3 フゥ

 

続きを読む

2018年

9月

29日

BMW 218i フロアーカーペットリペア

さて、今回はBMW218iアクティブツアラーの
フロアーカーペットの焦げ補修です。

フロアマットのコゲは少なからず見かけますが、
フロアーカーペットはあまり見かけませんね。

しかしながらフロアマットと違い
フロアーカーペットは交換が難しいので
リペアは非常に有効な手法です。

しかもこれから販売するクルマや
買取、下取りに出すクルマも
有効だと思います。

これで目立たなくなりました。

次のオーナー様がすぐ見つかると良いですね。

続きを読む

2018年

9月

28日

レガシィアウトバック ポリマーコートメンテンナンス

しばらくぶりの更新です。

更新をサボってしまいました。
気を付けないと(^^;

 

さて、 今日は、外装のメンテンナンスで入庫です。

半年ほど前にポリマーコーティングを施工させていただきましたが
半年経過のタイミングでご入庫いただきました。

半年程度の経過なので洗車をすれば
まだまだ輝きは有りました。

が・・・

鉄粉がかなり付着しておりました。

洗車と鉄粉除去後、水垢を落とす為に
ポリッシャーで磨きます。

ここ数日、天候に恵まれず施工が先延ばしと
なっておりましたが、
ようやく晴れたので一気に磨き上げました。

これでまた半年間、キレイな状態を
維持していただければ幸いです。

 

続きを読む

2018年

9月

17日

ホンダ S2000 ガラスコーティング

個人的に大好きなこの青、
モンテカルロブルーパールと言う名称だそうです。

BMWのルマンブルーも好きですが
このモンテカルロブルーも良いですね!

ぱっと見、キレイな状態を維持しており
磨く必要が無い様に思えましたが。。。

やはり水垢は付いていました。
(写真では分かり難いですね)

鉄粉もそれなりに付いていたので
塗装面をキレイに整えてから
ガラスコーティングをして完了です。

こちらのお店はホンダ車をメインに扱っており
他にもS2000は何台も有りました。

FRのオープン2シーターは
ワクワクしますね!

続きを読む

2018年

9月

14日

BMW 525i ツーリング ヘッドライトコーティング

経年劣化と言う言葉が当てはまる
ヘッドライトの黄ばみ。

もう何台施工させていただいたか
覚えておりませんが、
かなり施工する業者様が増えているにも関わらず
どこにお願いすれば良いのか分かりませんでした、

と、言うお話しをいただきました。

まだまだカーディテーリングは認知されていないのですね。

もっと頑張らないと!

続きを読む

2018年

9月

13日

窓際 色褪せひび割れ補修

いつも施工の前後写真でホワイトバランス調整が上手く出来ません。

施工前は陽が高い時間で撮影出来ますが
施工後は陽が落ちて外が暗くなってくる時間なので
同じ明るさで撮影する事が難しく
Before・After写真が分かり難くなってしまいます。

さて、今回のひび割れ、色褪せ補修は
普段施工している面積よりかなり広く
時間がかかりました。

フローリング材は木なので表面は微妙にでこぼこしています。
キレイに平滑な状態にする必要は有りませんが
ひび割れが起きている場所は
でこぼこの段差が激しい訳ですね。

まずはその段差を少なくする為、紙やすり等で
サンディングして段差を削ります。

中々勇気の要る作業ですが
そこは大丈夫!

容赦なくザザっと削ってから補修剤を充填していきます。

有る程度平らに仕上げた後、
着色に移ります。

この着色が時間がかかります。
ベースの色も実は異なる為、非常に苦労するところです。
これだけの面積がある為、周りの色に合わせながら
1枚1枚異なる木目を再現していきます。

細かい目が入る柾目と比較的大きな柄の板目、

部屋に入った時に補修箇所が不自然な仕上がりにならない様に
出来る限り元の木目を再現して補修しています。

この部屋で生活する人が
気持ち良く安心して毎日が送れますように!

続きを読む

2018年

9月

11日

窓際 床の剥がれ補修

バルコニーに出る扉前の床がはがれているケースでした。

日焼けはさほど酷くなかったので
ひび割れによる劣化の様です。

それでも一番大きい剥がれた部分は
パテ埋め補修となりました。

床板も同じ色に見えますが
実は1枚1枚異なります。
1枚の床板の中でも微妙に色が違う事もあり

同じ色で下色を入れてしまうと不自然になる事が多いので
結構色合わせは難しい事が多いのです。

木目や柾目も1枚1枚異なるので
着色に時間がかかるのは
この様な理由からです。

また新品ではなく原状回復なので
周りの床の劣化具合に合わせた
補修が必要となります。

新築やリフォームとは違った難しさが有ります。

続きを読む

2018年

9月

10日

フローリング 剥がれ補修

これだけ広範囲で剥がれてしまった場合は
張り替えや上から新たなフローリングを貼る方が
手っ取り早いケースが多いのですが・・・

賃貸マンションの場合、回復コストが限られているので
リペアとなるケースも有ります。

一気にこれだけの面積が剥がれた訳では無いと思います。
段々、広がって行ったのでは無いかと思います。

少しでも剥がれ始めた場合は
傷が小さい内にリペアをしてしまう事を
強くお勧め致します。

コスト面も施工時間も共に抑えられます!

この面積の場合、朝一番に作業を始めても
完了するのが夜になってしまいます。

※写真も昼間と夜ではホワイトバランスを調整しても
上手く撮れませんでした…

何事も早い内に手を打つのが良いみたいですね。

続きを読む

2018年

9月

08日

リフォーム 引渡直前リペア

リフォームが終わり、一度補修も入り
引渡しが迫った時にまたまた細かい傷が
発見され、急遽リペアにお入りました。

本当に小さい傷ばかりですが
一つ一つ直していかないと引き渡す事が出来ないですからね。

いつも思う事が有ります。

・・・魔法使いになりたい・・・

一つ一つ、丁寧に直していきました。

引渡に間に合って良かったです!

続きを読む

2018年

9月

07日

建具枠 塗装剥げ補修

吊り下げタイプの扉のレールが外れて
レールが建具枠と当たって
表面シートを剥がしてしまった状態でした。

まずは外れたレールを直す必要が有り
古い取付ネジを外し、新しいネジで止め直し作業からでした。

古いネジはネジの頭がなめて潰れており
以前に直そうとして失敗した痕がありました。

ネジ頭が潰れているネジを外すのに一苦労。
しかも真っすぐに入っておらず
レールに空いている穴から通らず
想定外に時間を要しました。

まずは取付けが完了してから
本業の補修作業となりました。

こちらも脚立に立ちながら
上向きで作業をしなければならず
中々の体勢を強いられながらの
施工でした。

ぱっと見、簡単そうに見える補修も
体勢がキツイと時間がかかってしまうケースが有ります。

何とか補修完了です。

気温も下がってきて作業しやすいはずですが
汗だくになりました。。。

続きを読む

2018年

9月

05日

フローリング 表面剥がれ補修

色の濃いフローリングは傷が入ったり
剥がれたりすると非常に目立ちます。

ナチュラル系の色の場合はここまで
目立たないと思います。

この様に表面の色が剥がれている場合
殆どの場合、塗膜が剥がれているので
着色のみでは段差が生じてしまいます。

この様な場合も補修剤は充填して
段差を無くしています。

部屋に入った瞬間、目につく事も無くなりました。

続きを読む

2018年

9月

03日

フローリング 剥がれ始め

床板のこのラインだけ、母材が盛り上がり
表面が剥がれ始めている症状でした。

水分を含んでしまったのでしょうか。

表面を削り平滑にする作業が必要で
その後に補修剤を充填して完了です。

何故、このラインだけこの様な症状になったかは
不明ですが水分が染み込んだ事が
原因だと思います。

冷蔵庫や洗濯機等を設置していた場所に
発生する事案でした。

端の部分だけ盛り上がるケースは
あまり遭遇しませんが勉強になりました。

続きを読む

2018年

8月

31日

フローリング 剥がれ補修

家具を移動した際に、床の表面が一緒に剥がれてしまった
と言う事でご依頼を頂きました。

暫く家具や家電製品を設置しておくと
足の部分や底部分が床面と密着しており
移動と同時に表面をバリバリと剥がしてしまうこと、
実はよく有る様です。

今回のご依頼は、賃貸物件で退去前に修繕を
してしまうケースです。

普段は退去後の原状回復作業が多いですが
退去前に修繕をしてしまう方法も
当然あります。

傷を入れてしまって
悩んでいる方は事前に
リペア屋さんに声を掛けるのも
『有り』です!!

 

続きを読む 0 コメント

2018年

8月

30日

ポルシェ911 エアコンスイッチ ベタつきリペア

ポルシェもエアコンスイッチ、特に一番触るスイッチは
ベタつきが発生してしまう様です。

今回はパネルを外しておいていただけたので
周りのマスキングはさほど問題無く・・・

まずはベタつきの原因である塗装被膜を剥がします。
リぺアするのだからなにも気兼ねなく
カリカリ落としても問題無いのですが・・・

剥がれてほしくない時は剥がれてしまい
剥がれて欲しい時ほど、綺麗に剥がれない
何とも歯がゆい状態に陥ります。

このスイッチはライトを点けると
マークが浮かび上がるパターンなので
TEMPマークとファンマークをマスキングして
塗装しなければなりません。

一番の難所ですね。。。。

え〜と、隠す必要は無いので言いますが
老眼鏡持参です。

これ、他の細かいスイッチではなくて
助かりました。。。

続きを読む

2018年

8月

29日

ポルシェ911 センターコンソール傷リペア

今回かクルマのインテリアリペアです。

シフトゲート周りからアームレスト辺りまでの
センターコンソールに入った細かい傷を直してきました。

この部位はダッシュボードに次いで
マスキングに時間がかかります。
そして施工時は変な体勢を強いられる為、
柔らい身体に生まれたかった・・
と、思う瞬間が何度も訪れます(汗)

まずは傷が入っている箇所は
打痕の様にへこみがあるので
そのへこみをもとの高さに戻す作業を行います。

有る程度埋まったら着色をしながら
仕上げていきます。

今回の色はグレー・・・
と、一言で言っても白と黒だけでは
やはりこのグレーにはならない訳でして・・・

グリーンをベースにしてこのグレーを作りました。

着色しながら段差を埋めて
また削ってを繰り返して表面を平らにしていきます。

最終的にツヤを合わせて完了です。

いやぁ、ポルシェって年式が経っていても
やっぱりポルシェですね。

 

続きを読む

2018年

8月

28日

フローリング 穴埋めと変色リペア

今回も原状回復作業のご依頼です。

洗濯機置場のすぐ横なので水に弱いフローリングは
シミが出来たり、最悪腐食する事が考えられますが・・・

今回、実際に現場で確認したところ
以前にリペアをした形跡がありました。

そして写真では分かり難いのですが
この部分だけ艶が引けてしまっている状態。

最終的にワックスをかけるので艶は均等になりますが
今回は悩みました。
ダメージ箇所の周りの、艶が引けた状態に仕上げるか
もしくは全体的に艶が出ている状態で仕上げるか。

最終的には部屋全体の艶に合わせて
仕上げる事にしました。

リペア前の写真で白っぽく写っている箇所は
深く掘れてくぼみが出来ている状態です。
その他、何やら瓶かボトルを置いて付いたシミらしき物が・・・

リペアの基本であるクリーニング/脱脂・表面の下地作り・着色・クリア塗装
と、言った工程を経て完了です。

しかし、時折不思議なダメージを見かける事があります。
今日の現場もその中の一つです。

あまり気にせずリペアする様にしておりますが
今回はちょっと気になりました。

続きを読む

2018年

8月

27日

メルセデスベンツ Aクラス ヘッドライトコーティング

暑さがぶり返してしまい
身体が悲鳴を上げそうですが。。。

本日はヘッドライトコーティングでした。

工場内での施工という事もあり
汗が止まりませんでした。

さて、今回はメルセデスベンツのAクラスです。
表面の耐候性塗料が劣化してしまい
ガサガサになり黄変した物です。

右側のレンズは原因は分かりませんが
一度溶けた様で表面がデコボコでした。
またその部分は内側から細かいクラックが入っており
白濁した状態が残りました。

その他はキレイになりました!

続きを読む

2018年

8月

26日

フローリング 打痕傷リペア

1箇所に打痕傷が集中しているリペアでした。

さほど大きなダメージでは有りませんが
面積的には広いリペアになります。

この様な凹みが多数ある傷、
表面は単純にへこんでいる訳では無く
へこんでいる箇所は必ずそのキワの部分は
盛り上がっているのです。

従いまして、ここに補修剤を充填しても
実は表面は平らにならないのです。

盛り上がっているへこみのキワ部位を
少し削って表面を平らにしてから補修剤の出番です。

自分で傷を直す方、
上手くいかないケースはこの様に
傷の症状をよーく理解する事が大切です!

続きを読む

2018年

8月

20日

フローリング 細かいカケのリペア

今日は久しぶりに原状回復作業です。

次に入居される方の為の作業ですね!

賃貸マンションのリビングです。
床の所々が剥がれてしまっています。

新築やリフォームと異なり、
原状回復作業の場合、リペア箇所だけ
ピカピカにキレイにしてしまうのも
不自然な場合が有ります。

周りの色に合わせて
わざと色褪せた色に仕上げる事も有ります。

部屋を見渡して自然な感じに仕上げる事が
原状回復作業のポイントだと思っています。

続きを読む

2018年

8月

19日

フローリング ねじ穴 リペア

床に穴が空いているリペアでした。

ネジ穴なのかただの穴なのか分かりませんが
とにかく穴が空いてました。

たくさん・・・

最近、この様な細かい傷や穴が沢山あるケースが続いている様な気がします。

昨日の天井の穴もそうですが
この様な小さな傷や穴は分からなくする事は
さほど苦にならないのですが
数が多いと集中力が続きません。

でもやらないと終わらないので
黙々と続けます。

リペアの基本はとにかく『小さく直す』が鉄則です。

なので細かい作業が続く場合
無言で黙々と作業する事が多いので
気付くと1日誰とも話さなかった・・・

なんてこともしばしば・・・(汗)

 

続きを読む

2018年

8月

18日

天井 穴埋め作業

天井から吊るすライトの位置を変更した為、
ネジ穴が残ってしまったので埋めて欲しい・・・

と言うご依頼です。

この様な穴が無数にありました。

この様な穴も、小さな傷と同じ様に一つずつ埋めていくしか有りません。

こんな時は魔法使いに憧れる瞬間です(笑)

天井に空いている穴なので
脚立の乗り降りとずっと上を向いている状態での作業で
地味な作業な割に疲労感が凄かったリペアでした。

しかし目立たなくなり分からなくなった瞬間
達成感を味わう事が出来るので
魔法使いでなくて良かったと思う瞬間でもあります。(笑)

続きを読む

2018年

8月

17日

フローリング 線傷リペア

引渡前に最終チェックをすると
所々に細かい傷が入っているケースがあります。

色々な業者さんが工事を進めると
何かの拍子に傷が入ってしまう事があります。

誰が付けた傷かは全く分かりません。
付けた本人さえ分からない事が殆どでしょう。

しかし、そのまま放っておく訳にはいきません。

原状回復作業程の大きな傷は有りませんが
細かい傷が多い事が特徴です。

 

続きを読む

2018年

8月

15日

ホワイトボード クリーニングとコーティング

会議室等で頻繁に使用されるホワイトボード。

使用しているうちに書いた文字が消えにくくなるケースが有ります。

消えにくくなると使用している方は
ストレスとなる様です。

私も経験はありますが、確かに消えないと
イライラする事、有りますよね。

これは使用している方もこれらを管理している方も
お互いに良く有りません。

企業では総務的な役割の担当部署の方が
こう言った備品類の管理をしているケースが多いのでは
無いでしょうか。

私も企業に勤めていた時は営業系も企画系も
管理系も全て経験させてもらったので
それぞれの立場が非常に分かります。

この様な管理系のお仕事も非常に大変なのです。

なので、ほんの少し管理系のお仕事をされている方の
お手伝いをさせていただきました。

クリーニングとコーティングと言うのは
クルマと同じ工程です。

理論上は同じことですから!

続きを読む

2018年

8月

14日

リフォーム引渡前 補修

オフィスビル1棟のリフォーム工事後、細かい打痕傷や線傷の補修です。

新築補修と同じ様に細かい傷が多数・・・

写真では撮り切れない程の数です。

窓枠、天井、床など、様々な場所に点在している為
道具を持って移動するのも一苦労です。

しかもオフィスビルなので8階建て(+_+)

そして一番困るのがトイレですね〜・・・

生理現象なのでこればかりは本当にツライです。
建物内のトイレは使用出来ないので
近くの公園やコンビニを利用させてもらうのですが
これで集中力が途切れたり、無駄な時間を要する為
合理的に仕事を進める事が難しくなったりします。

人間、寝ている時の様にトレイに行くスイッチの
ON/OFFがあれば便利だと思います。。。

続きを読む

2018年

8月

13日

フローリング 剥がれリペア

8月も入退去が多い時期で
急なリペア案件が発生したりします。

スケジュールを調整しながらの
今回の物件は・・・

やはりフローリング表面の剥がれ。。。

既の入居が決まっている物件でした。

大急ぎで補修しました。

大急ぎ・・・と言っても
雑に仕上げている訳では有りませんので!

続きを読む

2018年

8月

12日

フローリング 剥がれ補修

リビングに所々表面の剥がれがあり
部屋に入った瞬間に目に入ってきます。

一箇所辺りの剥がれが面積は小さいのですが
何故か目立ってしまいます。

これも一つ一つ、リペアをしなければなりません。
地味で目立たない作業ですが、
この様な作業も必要不可欠だと
思っております。

続きを読む

2018年

8月

10日

掃き出し窓際 剥がれ補修

一昨日は色褪せでしたが、
本日は表面の剥がれです。

今回は補修剤を充填して
着色、クリア塗装で完了。

基本的な作業でした。

続きを読む

2018年

8月

09日

フローリング 剥がれリペア

賃貸マンションのフローリングです。

結構な剥がれ具合です。

本来はここまで剥がれる前に
直しておきたいところですが。。。

生活をしていると中々そうもいかないモノです。

いずれにしてもこれだけの面積であれば
パテ補修が早いですね。

続きを読む

2018年

8月

08日

掃き出し窓際の色褪せ補修

マンションの掃き出し窓は色褪せしやすい場所です。
このくらいの面積の内にリペアしておけば
コストもさほどかからずにすみます。

何事も早目が良い様です!

続きを読む

2018年

8月

07日

フローリング シミ直し

今回は広範囲な黒シミでした。

ワンルームタイプのマンションなので
恐らく冷蔵庫等を設置していたのでしょう。

水が漏れたり湿気がこもったりで
この様になってしまったのではないかと思います。

広い範囲であった為
時間がかかりました。

マット等を状時間敷いたままや
湿気がたまりやすい場所は
注意が必要がですね!

続きを読む

2018年

8月

06日

メルセデスベンツ W211 ヘッドライト クリーニングとコーティング

メルセデスベンツを専門に扱っている整備工場様からのご依頼です。

実は、この整備工場様は私も以前に10年間ほど
愛車を診てもらっていた大変お世話になっている
整備工場様です。

最近はヘッドライトの黄変とインテリアリペアで
恩返しさせていただいております。

今回はW211型のヘッドライトクリーニングとコーティングです。

そろそろ、この年式はヘッドライトの黄変が
進んでしまう個体が増えてきますね。

ヘッドライトがキレイになると
顔つきが変わります!!

続きを読む

2018年

8月

05日

フローリング 剥がれリペア

今日もフローリングの剥がれリペアです。

今回は剥がれた箇所をガムテープで貼って
被害が大きくならない様にしていた様です。

が、結局ガムテープを剥がす際にベリベリと
剥がれてしまうケースが殆どです。

 

こうなると、ガムテープの糊のベタつきと
表面のめくれで最悪な状態となります。

ベタつきはシリコンオフ等で綺麗に除去してから
剥がれのキワの部分を接着剤を流し込んで広がらない処置を
してから、パテ埋め、平滑作業、着色と言う工程になります。

こうなると時間を要する為、補修費用がかかってしまいます。

剥がれてしまったら、ガムテープで止めずに
リペア屋さんに相談しましょう!

続きを読む

2018年

8月

04日

フローリング 剥がれリペア

この時期はお盆明けに入居する物件が増えます。

原状回復作業として多くの依頼が来ています。

特にリペアで直すケースが多いのは
フローリングの表面の剥がれ案件です。

 

続きを読む

2018年

8月

02日

アルテッツア ダッシュボード ベタつきリペア

アルテッツアも持病で経年劣化でダッシュボードにベタつきが
発生するケースが多いです。

しかもこの夏場は特に気温が上がり
ダッシュボードのベタつきが助長されます。

このベタつきを何とかしようとして
拭き取ったり指で剥がそうとすると
表面がベロっと剥けたり、ホコリやごみが付着たり・・・

どんどん酷くなる一方です。

傷が入ってしまうケースもありますが
今回はまさにそのケースで傷が多数入っている状態で
決して良い状態では有りませんでした。

傷を全て直すとコストが相当かかる為
有る程度の所で留めてベタつき防止の
補修剤を使用してリペアしています。

内装は、外装と違い常に目に入り
触れる場所なので気になりますよね。

 

続きを読む

2018年

7月

30日

フローリング 線傷リペア

今回のリペアは何かを引きずってしまい
出来てしまった線傷のリペアです。

線傷は恐らくビスなどの硬くて小さい物が
何かと挟まって引きずって出来てしまった様に思います。

線傷は本当に消えにくい傷で
補修する立場では本当に嫌な傷の一つです。

よくDIYで直す方はクレヨンタイプの塗料で
消す事が多いと思いますが、ハッキリした線傷は
必ずと言って良い程線状にへこんでいます。

このへこんだ分を床の高さに戻さなければ
光の反射で線が目立ってしまいます。

DIYで直す場合は、
まず線状にへこんだところを
必ず埋める作業を忘れずに!

そんなへこみを埋める作業をしてから
目立つ箇所の着色をして分からない様にします。

最後にクリア塗装をしてリペア箇所を保護します。

出来る事なら線傷は入れないに限ります!!

続きを読む

2018年

7月

28日

レクサスLS シート 擦れリペア

運転席も助手席もシートは酷使されている為、
走行距離に関わらず擦れが生じたり
ウレタンが劣化したり様々な劣化症状が表れます。

渋滞が多い都内で使用するケースが多いと
走行距離は少なくてもシートに座っている時間は多くなります。

乗り降りの回数も走行距離と必ずしも比例するとは限りません。

シート座面や背もたれの外側は
乗り降りの際に結構負担がかかっている物です。

革シートにの場合、表面がすれてひび割れてきます。

その度に張り替えていたら大変です。

こんな時はやはり部分的なリペアが一番の方法かと思います。

続きを読む

2018年

7月

27日

レクサス LS ダッシュボードベタつきリペア

クルマの内装はラバー塗装されているケースが多く
紫外線や劣化で塗装表面が溶けてベタベタしてくる場合があります。

このベタつきに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。

今回も夏場の気温上昇と共にベタつきが酷くなり
ご相談いただいた次第です。

こうなると何かで拭き取ろうとしても
ゴミやほこりが付いてしまうだけで状況は
どんどんひどくなる一方です。

クリーニングはハンドパッドなどのザラザラした物で
ホコリやごみを取り除かなければなりません。

ここで注意しなければならないのは、あまりゴシゴシ擦ると
表面の塗装が剥がれ革のシボ模様がなくなりツルツルになってしまう事です。

ツルツルになる前にクリーニングはやめてシリコンオフなどでサッと撫でて
表面を脱脂してからベタつき防止剤を塗布します。

その後、ダッシュボードの色に調色した塗料で再度
塗装をして完了致します。

このベタつき、色々な手法がネットに記載されています。
様々な方法があるのは事実ですが、
残念ながら交換するか直すか・・・
の、いずれかの方法しかありません。

放置していても直らないのがツライところです。

続きを読む

2018年

7月

26日

レクサス LS600 ステアリング 擦れリペア

クルマのステアリングは一番擦れやすいパーツかも知れませんね。

シートとステアリングは運転中は必ず触れているパーツです。

ステアリングは特に握ったままの状態が維持され
しか右ハンドルの場合はやはり右手で握る事が多い為
運転時間に比例して擦れてくるのは当然ですね。

擦れてしまうだけでなく、艶も出てしまい
テカッて来ます。

元々のマットな色合いが
そこだけ光ってしまうのもいかがなものかと・・・

ステアリングのリペアは
マスキングに時間がかかりますが
ここまで復活します。

続きを読む

2018年

7月

21日

ボルボV60 ボディコーティングメンテナンス

既にガラスコートされているおクルマは
そのまま何もしなくも良い
と、思っている方も多いのではないでしょうか。

コーティングされているという事は
塗装の劣化を抑止している訳ですが
汚れが付かない訳では有りません。

水垢なども当然付着しますので
メンテナンスは必要になります。

年に1回はメンテナンスをお勧めいたします。

続きを読む

2018年

7月

20日

フローリング 一部剥がれ補修

床板は角から剥がれるのが定番のようです。

一番の問題はこの剥がれた隙間から
ゴミ等が入り込んでしまうケース。

接着する前に入り込んだホコリやゴミを綺麗に
取り除く必要が有ります。

段取り八分・・・と昔から言われておりますが
この様な補修作業も優先順位や段取りは非常に重要です。

工程を間違えると当然
無駄な時間を要したり、仕上がりが悪くなったり
最悪の場合はリペア出来ないという事にも
なりかねません。

綺麗に仕上げるにはやはり目に見えない場所を
きっちり丁寧に作業をする必要があります。

続きを読む

2018年

7月

19日

フローリング ひっかき傷リペア

部屋やキッチンにあると便利なキャスター付きのワゴンやトレー、
このキャスターが曲者で、床に傷を入れてしまうケースが多々あります。

何回も同じ場所を移動すると
表面をへこませてしまい、
えぐれた傷まで付けてしまう場合も有ります。

写真では色が剥がれた傷しか目立ちませんが
その周りはえくぼ傷と言われる
凹みのみ生じている傷が多数ありました。

このえくぼ傷も補修剤を充填して表面を平滑にしてから
着色して完了です。

続きを読む

2018年

7月

18日

フローリング シミ補修

使用している時は分かり難いのですが、
お引越しの際、以外と出来ているのhが
黒いシミです。

このシミの大きさは部屋に入った際、
すぐにわかるサイズです。

えぐれた傷も嫌なものですが
黒シミはもっと嫌・・・

と、言う方が殆どかと思います。

黒くシミになってしまった場合は
早目に補修屋さんに声をかけましょう!

続きを読む

2018年

7月

17日

フローリング 剥がれリペア

今回もフローリングの表面剥がれリペアです。

今回は剥がれている箇所が複数、且つ当然ですが剥がれた面積が
それぞれ異なるパターン。

面積が広いとパテで直し方法が圧倒的に多いのですが
面積が小さい場合は補修剤を使用します。

今回はパテと補修剤を使い分けてリペアしています。

続きを読む

2018年

7月

14日

メルセデスベンツ C180 運転席リペア

今回のシートリペアは腰に付けた鍵で
傷を入れてしまった様です。

鍵のひっかき傷はシートリペアでは
結構多い事案です。

このままでも良いと思う程度の傷ですが
ここから広がらない様に今回はリペアする事になったようです。

しかしこの炎天下での施工は体力を消耗しますね。

小型アイロンやドライヤーを使用するので
施工中は物凄い汗が噴き出してきます。

汗が落ちない様に気を遣いながらの補修は
疲労度も高くなります。

そんな時、お客様の
『凄いですね!』
の、一言で疲労感も吹き飛びます。

 

 

続きを読む

2018年

7月

13日

フローリング 多数のえぐれ点傷 リペア

遠目から見るとインクや汚れが付着していると思いましたが、
実は、コレ全部表面をえぐった状態の点傷でした。

表面がえぐれているので、母材に何かが染み込んで
傷自体が目立つ状態となっておりました。

えぐれた箇所は全て補修剤を充填して
表面を平らに戻しました。

補修剤の充填だけでかなりの時間を要しましたが
表面を平滑にして着色です。

こちらの床材は色の表現が難しく
木目はグレーと言う組み合わせで
こちらも調色に苦労致しました。

続きを読む

2018年

7月

12日

フローリング 剥がれ補修

Before/Afterの写真の角度を定める事が難しい・・・
と、最近感じています。

 

よく有りがちな床の表面が剥がれているリペアです。

ですが、今回は以前にリペアしていた様で
私が使用している材料とは異なる材料で補修したようで、
脱脂の為のクリーニングをしたところ、
ベタつきが生じて非常にやり難かったケースでした。

補修するにも様々な補修剤がありますので
中には相性の悪い補修剤も当然有ります。

以前の補修痕を出来る限り活かしておきたかったのですが
相性が悪かったのでこればかりは仕方無いですね。

一からやり直しの補修となりました。

 

続きを読む

2018年

7月

11日

フローリング シミリペア

今回は汚れ、シミ、擦れ、劣化と言う合わせ技のリペアでした。

クリーニング前のリペアというもあり
周りの汚れも気になりますが、
シミが一番目立ちますね。

表面をヤスリで削り表面を整えてから
補修剤の充填と着色でリペア致しました。

汚れもかなりしつこくこびり付いており
中々手強い状態でした。

部屋に入った際、これで目立たなくなりました。

続きを読む

2018年

7月

09日

スズキ ハスラー ガラスコート

ジムニー程のハードなイメージではなく
アウトドアで使えるライトクロカンなイメージが
消費者ニーズと合致したと思うハスラー。

結構街中でも見かけますよね。

派手なカラーリングも似合う1台だと思います。

今日も新車の施工でした。

撥水剤が塗布されておりましたので
洗車後、しっかり脱脂作業をしてから
ガラスコーティングさせていただきました。

新車なので綺麗なのは当たり前ですが
コーティングをすることにより
艶がワンランクアップします。

続きを読む

2018年

7月

08日

日産 NV100クリッパー ガラスコーティング

ビジネスシーンで活躍している軽バン、

値崩れしないクルマ
それが軽バンです。

今回は珍しく新車のガラスコートでした。

このクルマの施工中も
中古の軽バンを探しているお客様が来店されていました。

軽自動車とは思えない荷室の広さは
配達から私の様な出張施工をする職人さんまで
巾広く活用出来るクルマです。

本当に便利なので『人気がある=価格が下がらない』
理由が分かります。

続きを読む

2018年

7月

07日

ランドローバー イヴォーク リアルガラスコート

何かやら限定モデルらしいイヴォーク。

正直、詳しくないのですが中古でも結構な金額をするようです。

元が綺麗な状態ですが
やはり鉄粉は付着しておりました。

鉄粉は除去しボディ全体を磨いて
艶を上げてからコーティングです。

今回もグリル周りを丁寧に磨き上げ
フロントマスクが引き締まりました。

クルマはやはり
黒いパーツはより黒く!

続きを読む

2018年

7月

06日

フローリング 黒シミリペア

フローリングの出来る黒シミは様々な原因が有ります。

布団等を敷いたままの場合はカビが原因であったり
ジュース、コーヒーなどをこぼしたまま放置したり
雨水に当たったり・・・
ペットのおう吐や尿、そして植物にお水をあげた時に
受け皿をしていないと漏れてきたりもします。

色々は様々。

いずれにしても拭いて落ちる場合は簡単ですが
中々落ちないケースが多々あります。

アルコールやアルカリ洗剤などを使用するケースも有りますよね。

リペアの場合は、殆どがささくれてしまっている為
表面は紙やすりで削ってしまう事が多いのです。

中々、勇気の要る事ですが
シャカシャカ削ります。

直色が前提なので床板の色が落ちてしまっても
特に問題なくキレイに落としていきます。

こうなる前に一番の予防策は
水分等をこぼしてしまったり
雨があたってしまった場合は
面倒でもすぐに拭き取る様にしましょう!

 

続きを読む

2018年

7月

04日

メルセデスベンツ E250 アヴァンギャルド ガラスコーティング

W212のメルセデスベンツ E250のガラスコーティングを
施工させていただきました。

写真を撮る余裕が有りませんでしたが(汗)
遠目ではキレイなボディに見えても
全体に鉄粉と水垢が付着しており、
そのままコーティング、と言う訳にはいかず・・・

磨き作業で水垢を除去してから
ガラスコーティングです。

今回はリアルガラスコートで施工致しました。

写真の撮り方が下手なのか・・・
実物はもっと艶があってキレイな状態なのですが・・・

残念です。。。カメラの腕前が。

 

ご依頼頂きましてありがとうございました。

続きを読む

2018年

7月

03日

BMW 320i ガラスコーティング

Mスポ―ツ専用色のルマンブルー
この色が一番好きです。

今回はBMWE46からBMWE90にお乗換えとのことで
ガラスコーティングを施工させていただきました。

綺麗な状態を維持されているBMWでしたが
やはり鉄粉でボディ表面はザラザラでした。

鉄粉を除去後、ボディ全体を磨いてコーティングでした。

艶もあがりキレイに仕上がりました。

BMWに乗るなら個人的にはこの色が良いなぁ〜。

続きを読む

2018年

7月

01日

MAZDA アテンザ ヘッドライトコーティング

経年劣化の一つであるヘッドライトの黄変、
ポリカーボネート製の宿命でしょうか。

今回の個体は右側のみでした。
左側は過去に交換したのかキレイな状態でした。

右側個体で見るとさほど黄ばみは重症では無い印象でしたが、
左側がピカピカなので・・・

施工させていただきました。

続きを読む

2018年

6月

30日

メルセデスベンツCLK320 ヘッドライトコーティング

梅雨、明けてしまいましたね(>_<)
6月に梅雨明けとは・・・

暑いのは苦手です。

暫く乗っていなかったCLKを復帰させる為に

入庫していたCLK320カブリオレです。

機関系のチェックで整備工場に入庫していたのですが
ヘッドライトや内装もやられてしまっていました。

今回はヘッドライトのみの施工ですが、かなりの黄変です。

いつもの様に磨いてからコーティングを施し施工完了です。

お客様にも満足していただけると思いますが
施工している私自身も、綺麗になると気持ち良いです。

しかし今日も暑かったですね。
工場内はスポットクーラーを用意してくださったので大丈夫でしたが、
これからの時季、水分を十分に取らないと
マズイ事になりそうですね。

続きを読む

2018年

6月

29日

杢目塗装のサンプル

フローリングよりもテーブルやクルマのパネルに使用されている
バール柄やブリスター柄の模様を再現してみました。

今回は施工ではなくサンプル施工のご紹介です。

普通の木目の床材に塗装した物です。
(薄い茶色の床材の柾目写真が元の柄と色です)

柾目でも板目でもない杢目と言われる柄を
塗装方法と色味をそれぞれ変えて再現したものです。

ダークウォールナット、ライトウォールナット、チェリー系の
3種類の明るさと色、そして柄もそれぞれ異なる様に調整しています。

クルマのウッドパネル等によく見かける物です。
この様な木目も有る程度は塗装で表現できます。

続きを読む

2018年

6月

27日

BMWミニ アルミホイールリペア

2年ほど前に別のリペアをご依頼いただきましたお客様からのご依頼でした。
アルミホイールのガリ傷は気になり始めたら
フローリングと同じで、ずっと気になります。

見る度に『はぁ~・・・』とため息が出てしまうものです。

綺麗になるとまた、愛車がますます好きになり
ドライブに出かけたくなりますね!

続きを読む

メールでのお問合せはこちらからも可能です

メモ: * は入力必須項目です

   ~お問合せの前に~
お問合せをいただき、メールにて返信させていただいておりますが、メール設定により送信できずに戻ってきてしまうケーがございます。お手数ですが、今一度、メール設定をご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

lagoonfeeld@gmail.com

より送信させていただいております。

ビジネスパートナーのご紹介

【東京都杉並区】
カーフィルム施工専門店 +ECO
35年の経験を持つカーフィルム職人により愛車をより美しく快適空間に仕上げていただけます。

【東京都】
ウッドリペア 堅木屋
・ウッドリペア
・住宅関連補修
・木製製品補修

【東京都】
トータルリペア L8
・インテリアリペア
・デントリペア
・外装鈑金
・外装コーティング
・クルマ内装補修

【東京都】
トータルリペア アートミューズ
・インテリアリペア
・アルミホイールリペア
・外装コーティング
・クルマ内装補修

【千葉県】
トータルリペア すぎのや
・ボディコート
・インテリアリペア
・ヘッドライトコート
・ウッドリペア
・幌交換作業

【茨城県】
トータルリペアCapo Kiang
・アルミホイールリペア
・マニキュアコート
・HIDライト取り付け
・ダイキャストカーモデル販売

【千葉県】
トータルリペア アイティオ―工房
・鈑金 塗装
・インテリアリペア
・ヘッドライトコート
・ガラスリペア
・幌交換作業

【千葉県】
トータルリペア チェリッシュ
・ボディコート
・インテリアリペア
・ヘッドライトコート
・ウッドリペア

【神奈川県】
トータルリペ ヤマヤワークス
・ホイールリペア
・インテリアリペア
・ボディーコート

【埼玉県】
トータルリペ ひばり工房
・ホイールリペア
・インテリアリペア
・ボディーコート
・スクラッチリペア
・内装クリーニング 他

【東京都】
ウッドリペア 119
・ウッドリペア
・木製製品補修
・住宅関連補修